ジモラバを始めたきっかけは何ですか?

2019年9月末、以前、メンバーだったBNI(尼崎:サンクスチャプター)の定例会に参加するために、知人の西村さんをビジターに誘い、私はゲストとして、定例会に参加しました。

なぜ、そんなことまでして、定例会に参加したかったのかと言えば、私がBNIに誘って、私が退会した後も、頑張ってくれていた、ななちゃんが、プレジデントになって、その日をもってBNIを退会する日だったからです。

私は、すごく嬉しかったんです。自分が紹介したメンバーが、チャプターのリーダーにまでなって活躍してくれたことが。

そして、定例会も無事に終わり、ビジターとして参加していただいた、西村さんとカフェで色んなお話しをするなかで、西村さんがこんなことを言われたんです。

川西さんも、交流会やったらいいじゃないですか?

???

無理、無理、そんなことできないですよ。

ただ、この西村さんが言った一言が、ジモラバを始めたきっかけになったことは間違いありません。

それから、BNIも含め、それぞれの交流会の良いところ、悪いところ、会費や参加費に関して徹底的に調べました。

分析した結果、費用対効果が悪い交流会が多すぎる、時代遅れの交流会が多すぎる。

という結論に至りました。

全国規模の交流会には、歴史があります。

ですが、会が発足した当初、インターネットなど存在しない、そんな時代から活動しています。

だから、こんなにアナログなんだという結論に至りました。

なので、私の本業のIT力を活用し、そこにマーケティングの概念をぶち込む、そして時代に合った、草の根交流会を始めようと、2019年12月9日に、私自身も、大阪梅田の交流会に参加したのが、ジモラバのきっかけです。

 

ジモラバをどんな会にしたいですか?

マーケティングを学べる交流会にしたいと考えています。

ご参加いただけるビジターさんや、メンバーさんは、まず、プレゼンテーションが出来ていない方がほとんどです。このプレゼンテーションとは、きっちりと話すとかではなく、話しの組み立て方、伝え方、掴みがまったく出来ていないと感じます。

よく聞く、間違ったプレゼンテーションは、国語で言えば、感想文を書いてくださいと言われて、あらすじを書いてしまう人にたいな感じです。

こんな仕事をしています。こんな人を紹介してください。

これでは、伝わりません。

なるほど、という感動や驚きもありません。

そして、マーケティングです。

私は、過去に、船井総合研究所の唐土新市郎先生(最年少執行役員)に役4年間、総額2500万円ほどのコンサル費用を支払い、学んできました。

マーケティングとは、勝手に売れるしくみ、売るための仕組みづくり、つまりロジックです。

ジモラバの交流会にご参加されるほとんどの方が、このマーケティングの考え方を持たずにご参加される方がほとんどです。

これは、戦国時代の武将が、とりあえず戦えと、戦術もなしで、戦に臨んでいるようなものです。

確実に、兵は全滅です。

ですから、私が学んできた、マーケティングを交流会に取り入れ、交流会としての集客、そして、ビジターさん、メンバーさん、リーダーさんに、この戦術の考え方をお伝えしていければと考えています。

最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。

ジモラバ運営事務局 川 西 彰 プロフィール