ジモラバのどんな所に魅力を感じましたか?

初めて参加させていただいた梅田での交流会にて、どんな仕事にも偏見なく、自分の仕事や好きを素直に伝えられる場作りがされていることと、主催者さんが創られている穏やかな空間に魅力を改めて感じました。
”改めて”というのも、実は、ジモラバへ実際に参加させていただく前に、主催者さん・運営さんとのご縁があったからです。その際にも、話される言葉の中から意志の強さを感じさせていただきました。

初参加となった梅田の交流会のタイミングでは、自分が主催者をさせてもらうことが先に決まっていたこともあり、いわゆる初参加の視点ではなかったですが、気を張って参加に挑んだはずなのに、創られた穏やかな空間にいい意味でやられました(笑)
すぐに肩の力も抜けて、自身のこれからのビジョンや仕事を話すことができ、話を聞いてもらってる側の私の方が自分の仕事への意思確認をさせてもらうぐらい、”私の仕事とは?”を聴いてくれました。

また、これはリピートしちゃうな〜って思いを掻き立てられのは、同じ参加者の方のご対応でした。同じ参加側なのに、「そういうことであれば、こういうお力になれます」と、すぐに提案・行動をとってくださったんです。
ジモラバの魅力は主催者だけに留まらず、参加者さんの行動力や人間性にも魅力があるんだなと感じました。

参加後のアフターフォローのシステムがあり、たった1回の参加から始まる繋がりや拡がりの大きさも魅力ですね。
 

主催者を希望されたきっかけはなんですか?

ご縁あって三ノ宮の女性主催者さんと初めてお会した際、ジモラバの主催者へ立候補してみては?というお声がけをいただいたんです。まだ一回も参加もしていなかったんですが(笑)その女性主催者さんが持ち合わせられるピュアな雰囲気から、ジモラバの主催者になることへ興味を持ち始め、それから1ヶ月後には、主催者になるかどうかお話する機会が訪れました。
引き寄せの法則を勉強中だったこともあってか、ジモラバを運営されるアッキーさんと話していると楽しく、彼の価値観やジモラバへの想い・ビジョンが素敵で、主催者をしたいという意思がすぐに固まりました。
また、主催場所を考えた時に天王寺がいいなと考えていると、当時天王寺では開催されていないとのことで、開催場所も即決しました。まさしく引き寄せが起きた瞬間でした。
私自身のジモラバを通してのご縁は既にどんどん拡がりをみせているので、そんなご縁をたくさんお届けできる引き寄せとお役立ちの天王寺ジモラバ交流会を創っていきたいです。